クマさんファミリーのドキュメンタリー
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄--(--) --:--   スポンサー広告 | | | ↑Top
Stuttgart クリスマスマルクト


世界最大といわれるStuttgartのクリスマスマルクト。



IMG_5566_convert_20091206100724.jpg



すっごい人出。



ここのマルクトにあるお店は屋根が特徴。


IMG_5562_convert_20091206100610.jpg


各店の屋根にはいろいろな人形がある。



9時には閉まるので注意。


スポンサーサイト



2009⁄12⁄06(Sun) 02:11   ドイツ | Comment(0) | | ↑Top
ホーエンツォルレン城


ミュンヘンから西に250キロ進み、シュトゥットガルトへ。


さらに南下してテュービンゲン。


さらに南へ約20キロ。


いわゆるシュヴァーベン地方にあるホーエンツォルレン城。


アウトバーンから見えてきた。


IMG_4864_convert_20090915044214.jpg


1867年、日本でいうと王制復古の大号令の年、プロイセン王国のフリードリッヒヴィルハイム4世によって作られた。


険しい坂を上るとこんな感じ。


IMG_4876_convert_20090918045544.jpg


現在も子孫が住んでいる。





2009⁄09⁄15(Tue) 21:13   ドイツ | Comment(0) | | ↑Top
カレーブルスト


少し前、カレーブルスト博物館がベルリンにできたという報道があった。


こっちに来るまでカレーブルストの存在を知らなかった。


来ると、どこのインビスにもある定番メニュー。


どんなものかといえば、ソーセージにケチャップとカレー粉を乗せただけの料理。


そんな料理だけど、博物館ができてしまった。


何をどう展示するのか疑問。


そういえば、以前、ブランデンブルク門のすぐ脇にあるレストランで、変わったカレーブルストが食べれると聞き、友人に連れて行ってもらったことがある。


「クマさん、ここのカレーブルスト、土産話にはいいよ。」


「何がどういいの?」


「内緒だよ。出てきたらびっくりするよ。」


「まじで?楽しみ。」


「おっと、もう来たよ。ほらね。」


IMG_3783_convert_20090827064754.jpg


「・・・ごめん、どう、びっくりしようか?」


クマさん、マジで分からずに友人に尋ねた。


「あれ~分かんない?実はね、ここのカレーブルスト、カレー粉で絵を描いてるんだよ。よく見て」


「ごめん、絵みたいなのは分かるけど、マジで何の絵か分からん。」


「そう?実はあれ、あれだよ。」


友人の指差す方向を見ると・・・


IMG_3785_convert_20090827064655.jpg


「ひょっとしてブランデンブルク門?」


「そう、その通り」


「・・・・・」


クマさん、必死に両方を見比べる。


この絵じゃ絶対に分からん。


友人もよくこんなの発見したなあ。


と感心するクマさんだった。





2009⁄08⁄25(Tue) 22:40   ドイツ | Comment(0) | | ↑Top
ベルリンの壁


崩壊した壁に絵を描いたイースト・サイド・ギャラリー。


11月のベルリンの壁崩壊20周年記念にむけて現在、修復中。


esg


一部修復終了。


有名なのは兄弟のキス


esg


旧ソ連のブレジネフ書記長と旧東ドイツのホーネッカー議長?









2009⁄07⁄22(Wed) 00:49   ドイツ | Comment(4) | | ↑Top
クリスマスマルクト・シュトゥットガルト編


世界最大のクリスマスマルクトといえば・・・。


シュトゥットガルト


他の町とは規模が違う。


他の町はたいてい広場に露店が軒を並べるのが通常だけど、ここは違う。


町の中心部の通りの両端に露店が出ている。


とてもじゃないが、通りを隈なく歩くなんてことはできない。


だから、必然的に規模も大きい。


そして、ここの特徴はこれ。

IMG_2803_convert_20081215084958.jpg

露店の屋根にいろいろな人形の飾りつけがある。





2008⁄12⁄18(Thu) 00:47   ドイツ | Comment(2) | | ↑Top
クリスマスマルクト・フライブルク編


フライブルクのクリスマスマルクト。


なんでもイギリスの雑誌でドイツで一番綺麗なマルクトと紹介されたからたまらない。


今年はホテルの値段が下がらず、観光客でいっぱいとのこと。


IMG_2793_convert_20081215083913.jpg


そういえば、クマさんは去年、蜂蜜入りのろうそくとかお土産に買ったよなあ。


と思いつつも、ついつい、一番おいしいといわれるグリューワインのお店へ足が向かう。


その店、今年も健在だった。


なにせ、そこにあるグリューワインは・・・・


一味違う。


IMG_2796_convert_20081215084151.jpg


白。







2008⁄12⁄17(Wed) 00:37   ドイツ | Comment(0) | | ↑Top
チェックポイントチャーリー


東西分裂時代の唯一のゲート。
27-03-08_0826.jpg


片面はロシア兵
27-03-08_0827.jpg


片面はアメリカ兵。
27-03-08_0825.jpg


地面には塀のあとがくっきり。
27-03-08_0829.jpg






2008⁄05⁄02(Fri) 22:48   ドイツ | Comment(0) | | ↑Top
シュタイフ博物館


02-12-07_1301.jpg


ギンゲンのシュタイフ博物館。世間でいう「テディベア」の博物館。

02-12-07_1135.jpg


博物館の中はこんな感じ。

ストーリー性のある博物館。

02-12-07_1151.jpg


中ではオバサンがミシンで作るのを見れる。






2007⁄12⁄10(Mon) 00:16   ドイツ | Comment(0) | | ↑Top
ウルムのミュンスター


02-12-07_1521.jpg


ドイツ1高いミュンスター。

152メートル。

ケルンの大聖堂より高い。

ここで第1アドベントを祝う式に参加。

クリスマスの1ヶ月前の最初の日曜日を第1アドベントという。

4本あるロウソクのうちの1本のみ火をつける。
02-12-07_1527.jpg





2007⁄12⁄02(Sun) 21:16   ドイツ | Comment(0) | | ↑Top
ウルムのクリスマスマルクト


02-12-07_1505.jpg


ウルム。

ドイツ1高いミュンスター前でクリスマスマルクト。
02-12-07_1615.jpg


会場はこんな感じ。

02-12-07_1514.jpg







2007⁄12⁄02(Sun) 14:55   ドイツ | Comment(0) | | ↑Top

| HOME |

プロフィール

Bär

Author:Bär
Grüss Gott!
Bär heiße ich.
Tschüss!

ミュンヘンの時間

今日の格言

ミュンヘンの天気

ミュンヘン好き

ドイツ国歌

バイエルン州歌

ブログで世界旅行 (ヨーロッパ編)


presented by ネット旅行.com

↑Top



Copyright © 2017 ミュンヘンどっとコム. All Rights Reserved.

 Template by nekonomimige Photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。