クマさんファミリーのドキュメンタリー
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄--(--) --:--   スポンサー広告 | | | ↑Top
フィレンツェ旅行3日目


3日目。

高速道路で1時間、ピサへ移動。

到着。

12-04-09_1759.jpg

一番奥が斜塔、やっぱり傾いている。

順番に行くと、

洗礼堂

12-04-09_1817.jpg

次にドゥオーモ

12-04-09_1821.jpg

そして斜塔(鐘楼)

12-04-09_1810.jpg

やっぱり傾いてる。

近くに行くと今にも倒れてきそうな迫力。


ここで定番の記念写真。

12-04-09_1812.jpg

倒れ掛かっているピサの斜塔を両手で支えてるポーズ。

さて、見るものは見たから、次は、リビエラ海岸のチンクエッテレに寄ってミュンヘンに帰るか・・・・

去年、ジェノバに来たとき、来ようと思ったけど、キンダーたちとの海水浴を優先したため、行かれなかったチンクエッテレ。

今回こそは行ってやる。

ピサから北方にある世界遺産のチンクエッテレ(5つの村)のひとつの村に車を走らせる。

しかし、車両進入禁止。

もうひとつの村に行く。

そこも一緒。

結局、5つの村全部、車が入れず、しかも村の外の駐車場もいっぱいで、目的達成ならず。

12-04-09_2108.jpg

20キロくらい、山道を走ってがけの上から景色を堪能したけど、なんか、ポルノグラフィティの出身のI島みたいな景色。


クマさん失意のうちにミュンヘンへ向けて出発。

7時間走って、夜10時ミュンヘン到着。

13-04-09_0235.jpg


2泊3日、走行距離1500キロの旅、異常なく終了。

車のメーターを見ると61000キロ。

おいおい、車買って2年も経ってないのに、もう6万キロ超えているのかよ。

走りすぎだよ。走りすぎ。










スポンサーサイト



2009⁄04⁄23(Thu) 23:02   フィレンツェ旅行 | Comment(0) | | ↑Top
フィレンツェ旅行2日目


2日目。

まずは、バスに乗ってフィレンツェ市内中心部へ。

20分ほどで到着。

まずは、花の聖母教会、ドゥオーモ。

11-04-09_1635.jpg

11-04-09_1756.jpg

続いて、その前にある洗礼堂。

11-04-09_1748.jpg

ここには天国の扉がある。

11-04-09_1627.jpg

このあたりには露天商?がたくさん。

11-04-09_1636.jpg

さてドゥオーモのクーポラに上ろう。

冷静と情熱のあいだで竹野内豊とケリー・チャンが待ち合わせていたクーポラ。

絶対にここに上らなければ・・・

と思い、空いている午前中を狙って入り口に行く。

すると掲示が・・・

なになに、復活日の前1週間は閉めています?

なんと、閉まってる。

仕方ないので、隣にあるジョットの鐘楼へ。

11-04-09_1809.jpg

414段の階段を上る。

途中、一人しか通れないほど狭くなって、

なんで金だして、こんなつらい思いをせにゃならんのや。

と文句いいながら頂上に到着。


頂上からは隣のクーポラが見える。

11-04-09_1848.jpg

さらに景色もグー。

11-04-09_1850.jpg

すると、変な掲示を発見。

11-04-09_1908.jpg

なになに、壁に落書きするなって。

当然だよ。当然。

そういえば、去年の夏、日本の学生がここのクーポラに上る階段の壁に落書きして問題になったよなあ。

結果として、フィレンツェ側が同情的で張本人はフィレンツェの平和大使になって、なんじゃこりゃ?という顛末だったけど。

正直言ってここも落書きだらけ。

11-04-09_1855.jpg

落書きみっけ。ダメだよ。落書きしちゃ。


とりあえず、次の場所へ移動。

シニョリーア広場へ。

ヴェッキオ宮

11-04-09_1930.jpg

ロッジア デイ ランツィ

11-04-09_2346.jpg

この広場にはサヴァナローラが火あぶりの刑に処せられた場所がある。

11-04-09_2104.jpg

他にもダビテ像、コピーがある。

11-04-09_2101.jpg


さて、この広場で少し早めのランチにするか。

ということでフィレンツェ名物 Bistecca alla Fiorentina。

Tボーンステーキ。

塩、こしょう、オリーブだけの味付けだけど、結構おいしい。

ボリュームも500グラムあって幸せ。

11-04-09_1952.jpg


さて、お腹がいっぱいになったし観光開始。
 

ヴェッキオ橋。

アルノ川にかかる最古の橋。

11-04-09_2124.jpg

ここは宝石店が並ぶことで有名。

11-04-09_2133.jpg

橋の途中、銅像がある。

11-04-09_2131.jpg

その下には柵があって、そこに錠前がたくさんついている。

なんでもカップルが永遠の愛を誓って鍵をがちゃりということらしい。

11-04-09_2136.jpg

橋を渡って、さすがに暑いので最寄のジェラード屋さんへ。

11-04-09_2157.jpg

橋を引き返し、次にメディチ家礼拝堂へ向かう。

途中、新市場のロッジア。

ここにはいのししの銅像がある。

11-04-09_2212.jpg

ちなみに デリーにいろ デリーにいる のいのさんでない。念のため。

なぜか、鼻がピッカピカ。

通行人が鼻を触って記念写真をとるからか。


他にも道路ではいろいろなパフォーマンスが。

11-04-09_2221.jpg

道路に絵を描いてる。

次はこれ。

11-04-09_2226.jpg

風に向かって歩いている様子。

そのほか、これ。

11-04-09_2340.jpg

動物を殺すなというメッセージか?


よく分からないパフォーマンスを横目にメディチ家礼拝堂到着。

そこを見学して(写真撮影禁止)午後4時半。


ようし、そろそろ、ウッフィツィ美術館へ移動だ。

ここにはビーナスの誕生をはじめ、名作コレクションがある。

したがって、いつも、当日入場口は大行列、予約チケット購入窓口も同様。

聞くと、通常2~3時間待ちとのこと。

そこでクマさん、今回、閉館直前を狙う事に。

案の定、空いている。

11-04-09_2350.jpg

待つ事、10分。

余裕で入れた。

ここも写真撮影禁止だけど、作品はすばらしい。

ビーナスの誕生があんな大きな絵とは知らなかった。

夜はもちろん、ホテル近くのピザ屋さんでパスタとピザ三昧。

ホテルのフロントの人に「近所で一番おいしいイタリア料理を紹介してくれ」と聞くと

「くまさん、それはスターゲートだよ。あそこのピザはフィレンツェでも一番だよ。いやイタリア一番だよ。すっごくボーノだよ。」だって。

そこでさっそく行ってみた。

ちなみにホテルの近くだった。

だけど、観光客を相手にするような店ではなく、地元の人が普通に食事に来るところ。

値段も安くてピザはその場で手作りで、しかも自家製かまどで焼いてくれる。

12-04-09_0424.jpg

結論、ここのピザ、とってもおいしかった。

しかもファミリー全員で50ユーロ。

安い。

お昼は中心部で90ユーロだったぞ~。



本場イタリア、いや、中でもトスカーナ地方のピザはチーズからしておいしかった。

ということで明日はピサに移動することに決定!(ショボッ)









2009⁄04⁄22(Wed) 19:55   フィレンツェ旅行 | Comment(2) | | ↑Top
フィレンツェ旅行1日目


イースター休暇、どこへ行こうか?

きっと道路も混んでるし、場所によっては閉まってるし、飛行機のチケットも高いし、ホテルも高い。

とはいえ、せっかくの連休だからどこか行きたい。

去年はクロアチアへ車で行って、途中、雪で大変だった記憶がある。

確か、ザルツブルク近くで車100台の追突事故があった。

今年はどこに行こうか?

と悩み悩んで、決まったのは出発1週間前。

場所はイタリア中部、フィレンツェ。

ミュンヘンから約750キロ。車で7.5時間の距離。

行き先は決定したけど、手段はいつものとおり、未決定。

飛行機はこの時期、絶対、高いからパス。

次に電車を検索。

こっちを夜9時に出て、向こうに朝6時に着く直行電車があった。

価格は往復、家族全員で400ユーロ。

ただし、寝台車はすでに満席で、空席は4人座りのボックス席のみ。

クマさん、悩んだ。

通常の座席に9時間、座って寝る・・・・

ちょっと厳しい・・・。

キンダーたちがきっともたない。

ということで、やっぱりというか必然というか、

車で7.5時間座っている方がまだまし・・・それにママりんと交代で運転するから運転も少しは楽。

と思い、車で行く事に決定。

早速、ネットで観光局のホームページと市内のホテルを検索した。

なに、なに、フィレンツェ中心部は許可された車以外は入れない?

警察がカメラで監視しているので違反すると罰金?

しかし、ほとんどのホテルは中心部にあるぞ、どうすればいい?

えっと、あった、但し書きだ、

ホテルに車の番号を事前に連絡しておけば、ホテルから地元警察に連絡しておくのでご安心を!

だって。

ふ~ん。

ドイツならこういう説明を信用するのだけど、今まで、ローマやジェノヴァでイタリアのいい加減さを経験しているクマさん、いまいち信用ならない。

そこでローマ在住のK氏に電話する。

結構いい加減なのでトラブルになる可能性がありますねえ。ちなみに英語は通じませんから泣き寝入りってことになりかねませんよ。

だって。

そうか・・・

念のため、ドイツ人同僚に聞いてみた。

はははっ、ホテルが警察に連絡するの忘れるっていうこと、結構期待できるよ。もし、そうなっても、警察は許してくれないし、ホテルも責任逃れするから、リスク大きいよ。

だって。

やっぱり、そうか・・・

ということは中心部のホテルには泊まれないということだな。

そこで、結局、市内中心部までバスで20分くらいのとこにあるホテルを予約。

やっと、準備完了だ。


そう思っていると、出発数日前にフィレンツェの南の方にあるラクイラで大地震発生。

ええっ?大地震?200名以上の方が亡くなった?

危ないから中止しよう。

それにこんな不幸なタイミングに観光に行くのは失礼だから中止しよう。

ということでホテルのキャンセルポリシーを見ると、既にキャンセル不可の段階。

やっぱり、行くしかない。

結局、2泊3日の旅行に出発することに決定。


出発は渋滞を避けるため、朝の4時。

10-04-09_1305.jpg

アルプスのブレナー峠は気温2度。まだ、雪が残ってる。

アルプスを越えると北イタリア。

10-04-09_1516.jpg

途中、朝食のため、マントヴァに立ち寄り。

ここは昨年、新たに世界遺産となった街。

パラッツォ・ドゥカーレ

10-04-09_1657.jpg


10-04-09_1702.jpg


車の上でシェパードが寝てる。

10-04-09_1658.jpg

1時間ほど、観光して出発。

ボローニャからフィレンツェへの道路が大渋滞。2時間ロスして午後2時、フィレンツェに到着。

クマさんファミリーは市内を迂回し、さらに南下。

THE MALLというアウトレットショッピングセンターへ。

ここはグッチが有名。

10-04-09_2240.jpg

夕刻、ホテルにチェックイン。

11-04-09_1446.jpg

とても綺麗な部屋。

場所はいまいちだけど、ホテル施設の評価が最高だけある。

11-04-09_1448.jpg

さあて、明日から観光に備え、ピザ食べてパルマの生ハム食べて、ワイン飲んで寝るぞ。








2009⁄04⁄15(Wed) 23:29   フィレンツェ旅行 | Comment(0) | | ↑Top

| HOME |

プロフィール

Bär

Author:Bär
Grüss Gott!
Bär heiße ich.
Tschüss!

ミュンヘンの時間

今日の格言

ミュンヘンの天気

ミュンヘン好き

ドイツ国歌

バイエルン州歌

ブログで世界旅行 (ヨーロッパ編)


presented by ネット旅行.com

↑Top



Copyright © 2017 ミュンヘンどっとコム. All Rights Reserved.

 Template by nekonomimige Photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。