クマさんファミリーのドキュメンタリー
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄--(--) --:--   スポンサー広告 | | | ↑Top
インスブルック


ブレナー峠に行く途中にあるインスブルックに立ち寄り。

街の意味はイン川にかかる橋。

王宮。
16-03-08_2104.jpg


次に黄金の小屋根。

金箔を張った2657枚の瓦でできてる。

16-03-08_2056.jpg



スポンサーサイト



2008⁄04⁄30(Wed) 22:38   北イタリア旅行 | Comment(0) | | ↑Top
ベルリン・ポツダム


4日目。とうとうミュンヘンに帰る日。

とりあえず、戦勝記念塔。

ベルリン天使の詩という映画があった。

白黒の今から20年くらい前の映画。

中年天使が腰掛けていたところ。
26-03-08_1511.jpg


次は、動物園。
05-04-08_1709.jpg


おっとせい。
05-04-08_1643.jpg


ここにはパンダが。
05-04-08_1646.jpg


フロッケに人気をとられて、ちょっと寂しいクヌートちゃん。


05-04-08_1631.jpg


動物園見学、終わった。

ベルリン在住の友人でパチンココリーゲC氏と合流。

車も全く一緒。黒のBMW320で型式も全部一緒。

とりあえず、2台でブイブイいわせる。

ベルリンとポツダム見学。

05-04-08_1953.jpg


まずはベルリンの西方、シャルロッテンブルク宮殿。
05-04-08_1807.jpg


ベルリンから車で20分、ポツダム。

フリードリッヒ大王の夢の国サンスーシ宮殿。

憂いの無いということで無憂宮とよばれてる。
05-04-08_1916.jpg



フリードリッヒ大王とその犬たちは一緒に眠ってる。
05-04-08_1936.jpg


オランダ人街。
05-04-08_2016.jpg



ここでお別れ。

ミュンヘンまで600キロ、5時間。

頑張って帰る。

4日間の旅、楽しかった。





2008⁄04⁄21(Mon) 21:08   旧東独・プラハ旅行 | Comment(0) | | ↑Top
ベルリン


3日目午後3時すぎ。

マイセンから2時間ちょっと。

ベルリンツォー地区にあるシュタインゲンベルガーホテルに着いた。

ボーンスプレマシーのパメラランディの宿泊していた「ウイスティングランドホテル」ではないが、レベルは高い。
 04-04-08_2245.jpg


とりあえず、近くにあるカイザーヴィルヘルム記念教会。

1943年の空襲で破壊されたまま。
04-04-08_2251.jpg


中の天井は素敵。
04-04-08_2254.jpg


隣りに新しい教会が建てられこんな感じ。
04-04-08_2257.jpg


ベルリンのバスは2階建て。


1日券を買ってアレキサンダー広場行き100番で出発。
26-03-08_0740.jpg


途中、博物館の島で途中下車。

ここには5つの博物館がある。

これは旧博物館。
04-04-08_2348.jpg
絶対欠かせないのがこれじゃ。ペルガモン博物館じゃ。

巨大な遺跡がそのまま展示してある。
04-04-08_2355.jpg



古代ギリシャのゼウスの大祭壇。
05-04-08_0003.jpg


古代バビロニアのイシュタール門。
05-04-08_0034.jpg


午後6時。腹へった。

20分ほど歩いてミッテ地区に移動。

誠ラーメン。

この前の出張で食べれなかった誠ラーメン。

05-04-08_0221.jpg


ここのラーメンは「麺はばり固で」と頼むとちょうどいい。

とりあえず、UとSバーンを乗り継いで次はオストバーンホーフ。

ボーンスプレマシーでボーンがパスポートとか隠していたロッカーはここにある。
05-04-08_0259.jpg


この駅から歩いて少しのところにあるイーストサイドギャラリー。

残っているベルリンの壁に落書き(?)してある。
05-04-08_0254.jpg


次はアレキサンダー広場。

ボーンスプレマシーでボーンがニッキーを呼び出した世界時計。
05-04-08_0321.jpg


駅の反対側にはテレビ塔がある。
05-04-08_0310.jpg


次は、再び100番に乗ってブランデンブルグ門。

東西分裂時代は壁があって通れなかったが、今は大丈夫。
05-04-08_0346.jpg


歩いて連邦議会議事堂。

午前0時まで一般公開。無料。

セキュリティチェックがある、30分ほど並ぶ。
05-04-08_0401.jpg


一番上にはガラス張りのドームがあって、下の議員席が丸見え。
05-04-08_0432.jpg


午後11時じゃ。ホテル帰って寝る。






2008⁄04⁄18(Fri) 00:40   旧東独・プラハ旅行 | Comment(1) | | ↑Top
マイセン


3日目、キンダー達とホテルのプールで泳いだあと、ベルリンに向け出発。

途中、ドレスデンから北に約20キロのところにあるマイセンへ立ち寄り。

まずは、市内観光。
 
マイセン城登り口にあるパン屋さんツィーガーの名物「マイセナーフンメル」。

外はぱりぱりの皮でできた変わったパン。御菓子というべきか。

何でも、昔、王様に馬車で陶器を届ける配達人がいつも酔っていたので、このフンメルを一緒に運ばせて無事を確認したらしい。

04-04-08_1837.jpg


アルブレヒト城内にある大聖堂。
04-04-08_1825.jpg


アルブレヒト城から見たマイセンの町並み。
04-04-08_1831.jpg


さあ、ベルリンまで2時間ちょいかかる、出発。







2008⁄04⁄15(Tue) 12:04   旧東独・プラハ旅行 | Comment(1) | | ↑Top
ドレスデン


旧東独・プラハ4☆ホテルの旅。

午後2時までプラハで過ごし、高速道路と一般道を乗り継いで2時間。

やって来た。ドレスデン。

ツヴィンガー宮殿。

03-04-08_2351.jpg
04-04-08_0055.jpg

ドレスデン城。

04-04-08_0037.jpg

城壁には君主の行列という壁画がある。

04-04-08_0046.jpg

カトリック旧宮廷教会。

04-04-08_0000.jpg

エルベ川。

04-04-08_0041.jpg

夜はシュタインゲンベルガーホテルドレスデンパークホテル。

ドレスデン郊外のリゾートホテル。

04-04-08_1542.jpg









2008⁄04⁄14(Mon) 00:05   旧東独・プラハ旅行 | Comment(0) | | ↑Top
プラハ1区


旧東独・プラハ3泊4日4☆ホテルの旅2日目。

初日はプラハ城へ行って、夜は市民劇場近くで中華料理。

のだめの千秋が宿泊したグランドホテルボヘミアじゃないけど、スイートホテルも4☆でよかった。

プラハは街全体が世界遺産だけあって映画アマデウスのロケで使われたり、昔の街並みが残っていて歩いているだけでも楽しい街。

とりあえず、ドレスデンに行く前の午前中はプラハ1区をぶらぶら。

ついでにロケ地も見てみる。

のだめといえば、ベートーベンの交響曲7番。

ベートーベンの住んでいた家。

日本大使館の近く。
03-04-08_0134.jpg


スメタナホールのある市民劇場。

千秋が参加したプラティニ国際指揮者コンクール・ファイナルの会場。

ここで優勝した。

03-04-08_1727.jpg


市庁舎。
03-04-08_1749.jpg


市庁舎横の天文時計。

ここでは結婚式のお披露目が頻繁。
03-04-08_1752.jpg


広場にあるのはヤン・フン像。
03-04-08_1748.jpg


ティーン教会。

ティーンとはチェコ語で税務署という意味。

税務署の前にあるのでティーン教会と言ってるだけで、正式名称は別にある。
03-04-08_1747.jpg


カレル橋から見たプラハ城。
03-04-08_2046.jpg


千秋が拉致されたチェフ橋はカレル橋のもう一つ北にある橋。

プラハ中心部は道も狭く、ホテルの駐車場も無いところが多いから、中心部から離れたところにホテルをとり、トラムか地下鉄で中心部まで行く方がベター。

ちなみに地下鉄のエスカレーターはモルダウ川の下を通る関係で滅茶苦茶長いし、スピードが速い、ちょっと注意。
03-04-08_0206.jpg






2008⁄04⁄13(Sun) 00:44   旧東独・プラハ旅行 | Comment(0) | | ↑Top
プラハ城


03-04-08_0059.jpg


旧東独・プラハ3泊4日4☆ホテルの旅

初日。

ミュンヘンから3時間,やってきた。

チェコの首都,プラハ。

2回目の訪問。

とりあえず,前回行きそびれたプラハ城。

衛兵。

プラハ城入り口からの景色はこんな感じ。

03-04-08_0022.jpg


場内にあるヴィート教会。

02-04-08_2349.jpg


次にイジー教会。

03-04-08_0030.jpg



変身で有名なカフカが執筆をした部屋。

黄金の小道のナンバー22号室。

今はカフカ専門のお店。

このあたりは錬金術師が住んでいたらしい。
03-04-08_0012.jpg



なんか,こんなものもある。
03-04-08_0017.jpg


城にはこんな坂道を上がっていく。
03-04-08_0116.jpg











2008⁄04⁄10(Thu) 00:27   旧東独・プラハ旅行 | Comment(0) | | ↑Top
ポストイナ


首都リャブイナから1時間半ほどのところにあるポストイナ。

鍾乳洞。
23-03-08_2119.jpg


これが入り口。
23-03-08_2326.jpg


トロッコに乗って、地底に行く。

トロッコは結構、怖い。

スピード出すし、胴の長いクマさんは頭ぶつけそう。

地底についたらそこからガイドツアー。

ガイドツアーは、英語、ドイツ語、イタリア語。
23-03-08_2229.jpg


ポストイナから20分。

洞窟城。
24-03-08_0031.jpg






2008⁄04⁄09(Wed) 00:35   クロアチア・スロベニア旅行 | Comment(0) | | ↑Top
世界遺産プリトヴィッチ


知名度では日本でいまいち、欧州では有名な世界遺産。

綺麗な滝を見たいと思い、首都から2時間かけてボスニアとの国境沿いを走った。
22-03-08_2216.jpg


しかし、大雪。滝も凍っとる。

半日かけてまわる予定が、この雪でキャンセル。

22-03-08_2322.jpg


とりあえず、昼飯。

残念。首都に帰る。

ところで、このあたりは、元クライナ・セルビア人地区といって、セルビア人の住んでいたところらしい。

セルビア人との内戦の後が結構残ってる。

機関銃で蜂の巣のようになった家か、最近建てられた綺麗な家しかない。

検問も多い、パスポートは絶対に携帯だ。





2008⁄04⁄08(Tue) 00:24   クロアチア・スロベニア旅行 | Comment(0) | | ↑Top
アルプスの瞳


24-03-08_2241.jpg


アルプスの瞳、ブレッド湖。

オーストリーとの国境付近にある。

24-03-08_2211.jpg

湖の真ん中には教会があって、小舟でいく。





2008⁄04⁄07(Mon) 22:48   クロアチア・スロベニア旅行 | Comment(0) | | ↑Top
首都ザグレブ


22-03-08_0055.jpg

ミュンヘンからオーストリーを横断して、スロベニアも横断してクロアチアへ行く。

オーストリーとスロベニアの国境付近はこんな感じ。


22-03-08_0532.jpg

初めてシェンゲンアキを出た。


やっと着いた。とりあえず、日本大使館。


22-03-08_0623.jpg


とりあえず、友人宅で晩飯。

マグロの刺身。


こっちは赤身もとろも同じ値段。


翌日は、市内観光。

クロアチアの名物といえば・・・ネクタイ。
22-03-08_1909.jpg


他には、シャープペンシル、犬のダルメシアンが有名。

共和国広場はこんな感じ。もともとは反対向きの像だったが、今はセルビアを向いてる。
22-03-08_1836.jpg


 





2008⁄04⁄06(Sun) 22:24   クロアチア・スロベニア旅行 | Comment(0) | | ↑Top
旧東独・プラハ3泊4日4☆ホテルの旅


春休みの家族旅行。第3弾。

行って来た。

ミュンヘン→プラハ→ドレスデン→マイセン→ベルリン→ポツダム→ミュンヘン。



しっかし、下手な略図。

ところで、今回の旅は名付けて「旧東独・プラハ3泊4日4☆ホテルの旅」。

もちろん車。

走行距離はトータル1400キロくらいか。

まあ、行き先の選定は簡単。

キンダー1号の「ベルリンでの誠ラーメン、久ヌートとの対面」

キンダー2号の「プラハでのマリオネット購入、のだめロケ地巡り」

ママリンの「マイセンでの食器購入」

クマさんの「ベルリンでのボーンスプレマシーロケ地巡り」

家族共通のコンセプトは簡単。

ローマでの3つ星ホテルにげっそりした我が家。

無難に4つ星ホテル。できればプールがあること。

観光もいいけど、プールのあるホテルもいい。

夜と朝一とでキンダーらと泳いで楽しかった。


04-04-08_1542.jpg













2008⁄04⁄05(Sat) 23:41   旧東独・プラハ旅行 | Comment(1) | | ↑Top

| HOME |

プロフィール

Bär

Author:Bär
Grüss Gott!
Bär heiße ich.
Tschüss!

ミュンヘンの時間

今日の格言

ミュンヘンの天気

ミュンヘン好き

ドイツ国歌

バイエルン州歌

ブログで世界旅行 (ヨーロッパ編)


presented by ネット旅行.com

↑Top



Copyright © 2008 ミュンヘンどっとコム. All Rights Reserved.

 Template by nekonomimige Photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。