クマさんファミリーのドキュメンタリー
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄--(--) --:--   スポンサー広告 | | | ↑Top
レーゲンスブルク


レーゲンスブルク。

今のローマ法王の出身地。

街全体が世界遺産。

大聖堂。
21-05-08_2225.jpg


ドイツ最古の石橋。

ドナウ川を渡る。
21-05-08_2059.jpg


石橋の側にあるドイツ最古のソーセージ屋。

もともとは橋を造る作業員の食堂。
21-05-08_2101.jpg


この大聖堂と石橋は1300年代にでき、どっちが早くできるかと言って競争したらしい。

結局、石橋の方が早くできたけど、実は、石橋チームは悪魔と取引して早く完成させたらしい。

その時の約束は、「橋を最初に渡る者3人の命を差し出す」ということだったらしい。

まあ、通常、そういった役は市長とか地元の名士になってしまうが、それが嫌で、実際には、家畜を渡らせたらしい。

そしたら悪魔が怒って、石橋を壊そうと持ち上げたらしい。

今もその持ち上げた痕があって石橋は少し歪んでる。


スポンサーサイト



2008⁄05⁄21(Wed) 23:25   バイエルン州 | Comment(0) | | ↑Top
ザルツブルク


2回目のザルツブルク。

今回は、サウンドオブミュージックに特化する。

とりあえず、マリアと子供達がピクニックに行く途中通った馬洗い池。

この裏にある岩山はすごい。

くり抜いて駐車場。

そこへ車をとめて観光。

12-05-08_0307.jpg


マリアと子供達が歌いながら渡ったモーツアルト小橋。
12-05-08_0252.jpg


トラップ一家の感動的な歌のシーン、フェルゼンライトシューレ。
12-05-08_0305.jpg


トラップ一家がナチスの追跡を逃れるために隠れたザンクトペーター教会の墓地。12-05-08_0240.jpg


腹減った。

バルカングリルヴァルターで名物のホットドック。

12-05-08_0216.jpg
12-05-08_0221.jpg


うまい。もう、ちょっと観光。

ホーエンザルツブルク城。
12-05-08_0237.jpg


パパゲーノ広場。

ここにはモーツアルトの魔笛の登場人物パパゲーノの像がある。

12-05-08_0248.jpg
まだまだ見たいが7時過ぎたけん、ミュンヘンへ帰るわ。







2008⁄05⁄20(Tue) 22:36   ザルツブルク日帰り旅行2 | Comment(0) | | ↑Top
べレヒテスガーデン


ヒトラーの山荘を降りて、バスに乗って駐車場へ戻り、10分もすると、クーニッヒ湖に到着。

既に夕方5時過ぎ、遊覧船は終わった。

水がとても綺麗。
12-05-08_0047.jpg


あまりに綺麗なので、我が家のフントも思わず、飛び込み、犬かき。
12-05-08_0057.jpg







2008⁄05⁄18(Sun) 21:55   ザルツブルク日帰り旅行2 | Comment(0) | | ↑Top
ケールシュタインハウス


自宅からアウトバーンを飛ばして1時間半。

いったん、オーストリーのザルツブルクに入って、ドイツへ戻り、べレヒテスガーデン方向へ進む途中にあるケールシュタイン
12-05-08_0011.jpg


車を止めて、バスに乗り換え、中腹にあるエレベーター乗り場まで行く。
12-05-08_0006.jpg



バスがぎりぎり通る山道を30分かけて登る。
外をみるとこんな景色。下を見ると怖い。
11-05-08_2157.jpg


中腹にトンネルがあってそこからエレベーター乗り場へ行く。

11-05-08_2327.jpg


ヒトラーの山荘行きエレベーターは黄金。123メートル上昇。
11-05-08_2321.jpg


山荘に着いたら、頂上まで徒歩で行ける。頂上から見た山荘。
11-05-08_2225.jpg


頂上には雪がかなりあるが、雪解けと同時に雪崩と一緒に落ちてしまうので本当は立ち入り禁止。
11-05-08_2226.jpg


命がけの登山も終わったし、山荘のビアガーデンで乾杯。
11-05-08_2259.jpg











2008⁄05⁄16(Fri) 18:42   ザルツブルク日帰り旅行2 | Comment(0) | | ↑Top
旅行4日目


ブラッセルの朝の散歩。

朝は観光客も少なく、いい感じ。

サンミッシェル大聖堂。
04-05-08_0340.jpg


ホテルアミーゴ。

昔、監獄。
04-05-08_1629.jpg


ギャルリーサンチュベール。

アーケード。
04-05-08_1616.jpg


朝飯はもちろんワッフル。

04-05-08_1703.jpg


昼前にチェックアウト。

ブラッセルを後にして、南は18キロほど行ったワーテルロー。

ここには小高い丘があって頂上にはライオン像がフランスに向いている。
04-05-08_1943.jpg


こんな階段を上がる。
04-05-08_1920.jpg


ナポレオンのフランス軍とイギリス軍の総勢20万人が戦い1日にして5万人が戦死した場所。

大草原に当時を偲んだ。

ということで3時間かけてベルギーの南にあるルクセンブルクへ移動。

大公宮。

近衛兵がいる。
04-05-08_2252.jpg


ポックの砲台。
04-05-08_2243.jpg


ここはこれだけ。

午後4時、今からミュンヘンへ帰る。

6時間がんばる。

おっと、ハイデルベルクで渋滞。なんか、道路にヘリコプターも降りた。大事故。

05-05-08_0159.jpg


やっと突破した。とりあえず、休憩。

ところでアウトバーンのレストランには犬用のこんなのもある。

遠慮するな。しっかり食べろよ。なにせただ。

なんなら、持ち帰りするか?
05-05-08_0250.jpg


やっと着いた。晩飯はこれ。デュッセルドルフで仕入れた。1.8ユーロ。
05-05-08_0659.jpg


疲れたけど、楽しかった。






2008⁄05⁄13(Tue) 00:09   ベネルクス3国+ドイツ横断旅行 | Comment(0) | | ↑Top
ケールシュタイン


11-05-08_2225.jpg


ケールシュタイン→ベレヒテスガーデン→ザルツブルク

と日帰り旅行へ行ってきた。

メインはヒトラーの山荘、ケールシュタインハウス。またの名を「イーグルネスト(鷹の巣)」

 





2008⁄05⁄11(Sun) 22:46   ザルツブルク日帰り旅行2 | Comment(0) | | ↑Top
旅行3日目


03-05-08_1346.jpg

ホテルの前の公園で朝の散歩をすませたら、デルフトへ直行。

03-05-08_1654.jpg

ここには2つ大きな陶器工場がある。

1つは見学無料、もう一つは有料。

うちは有料の方へ行って見学せず、入口で買い物。

次は世界遺産キンデルダイク。
03-05-08_1818.jpg


こんなのが19もある。

しかし、日本人ツアーが多い。

キンダーの同級生家族ともばったり会ったわ。

ようし、それでは、ベルギーへ移動。



車で2時間、アントワープ着いた。

ここはフランダースの犬の舞台。

実はクマさんの目的はここ。

小さな時、感動して涙した「フランダースの犬」。

ネロ少年とパトラッシュ。

とりあえず市庁舎。
03-05-08_2114.jpg


噴水がお洒落。
03-05-08_2116.jpg


ノートルダム大寺院。

123メートル。
03-05-08_2125.jpg


中にはルーベンスの最高傑作3部作「キリストの昇架」「キリストの降架」「マリアの昇天」がある。

ネロ少年はこの絵を見ながら天に行った。
03-05-08_2143.jpg

03-05-08_2150.jpg

03-05-08_2146.jpg

そもそも、この話、イギリス人が作った話で、日本人的にはラストシーンは感動ものだけど、ベルギー人とすれば、ラストシーンは納得いかんらしい。

ネロ少年がそうなる前になんとかして助けるということ。

ちなみにネロ少年のモデルらしき少年の家があったのは、アントワープから10キロほど離れたホーボーケンという街らしい。

もちろん、マニアのクマさんは探していった。

ネロ少年とパトラッシュの銅像が立ってる。
03-05-08_2240.jpg


次にブラッセルへ移動。

とりあえず、中心部のホテルにチェックインして観光。

本日のホテルは、ホテル側が部屋の手配をミスした関係でジュニアスイートにしてくれた。
04-05-08_0020.jpg


グランプラス到着。

市庁舎。
04-05-08_1621.jpg


王の家。
04-05-08_0056.jpg


世界三大がっかり大賞の小便小僧。
04-05-08_1633.jpg


小便少女。

1987年に突然できたらしい。
04-05-08_0312.jpg


観光が終われば、早速、晩飯。

ブラッセルといえば、ムール貝。

ムール貝の店といえば、定番のここ、シェ・レオンじゃ。

800グラムのムール貝のワイン蒸し、ポテト、ビールのセットで4000円程度。

ムール貝なんて・・・・と思ってたが、結構いける。
04-05-08_0213.jpg


ちなみにこの店、貝の苦手な子供のために、子供メニューのオムレツとかパスタ、ケーキは無料。








2008⁄05⁄08(Thu) 00:29   ベネルクス3国+ドイツ横断旅行 | Comment(0) | | ↑Top
旅行2日目


2日目。フントの散歩。

散歩から帰ったら日本式朝食。

そのあとは大洋食品とOCSへ早速買い出し。

やっぱり、ミュンヘンより安い。

カップラーメンなんか2ユーロ。

しかもOCSなんか、店内にプリクラがある。

02-05-08_1732.jpg


とりあえず、ロッテルダムへ移動。

ゆっくりいって3時間。午後2時到着。

ノボテルホテル。
03-05-08_1343.jpg


15階の部屋。

駐車場と犬も含めて78ユーロ。

4☆にしては超安い。
02-05-08_2141.jpg


早速、キューケンホフ。

ここはヤコバ伯爵夫人の庭。

日本語に訳すと台所の庭という感じ。

もともとは、野菜やハーブを作ってた。

今では栽培農家が自慢のチューリップを展示する期間限定の庭となった。

Leidenにあるが、車で行く場合、Liessを目指した方が標識があって分かりやすい。
02-05-08_2313.jpg


チューリップが綺麗。
03-05-08_0040.jpg


こんなのもある。
03-05-08_0043.jpg


風車もある。
02-05-08_2341.jpg


なんか名物のお菓子がある。
03-05-08_0101.jpg


こんな感じ。
03-05-08_0100.jpg


おっと、もう、6時過ぎ。

アムステルダムまで40キロほど、ちょっと。

ダム広場に来た。

昨日は女王の誕生日、今日はメーデーということで、滅茶苦茶人出が多いことは、ここに住むO氏から聞いたが、確かに多い。

とりあえず、写真撮ったら脱出。

戦没者慰霊塔じゃ。

今ではヒッピーとか旅行者の憩いの場。
03-05-08_0257.jpg


西側にある王宮。
03-05-08_0258.jpg


王宮に向かって右側にある新教会。
03-05-08_0259.jpg


ダム広場から東に少しいったところにある飾り窓地区。

地区内は写真撮影禁止。

ちなみに犯罪防止のため、飾り窓の物件を市が借り上げ、ブランド店のテナントとして貸し出し中らしい。1年間無料でどんどん縮小ということみたい。

 





2008⁄05⁄06(Tue) 23:37   ベネルクス3国+ドイツ横断旅行 | Comment(0) | | ↑Top
旅行1日目


5月1日、旅行1日目

自宅から3時間半。

ハイデルベルク。

家族で来るのは初めて。
01-05-08_2047.jpg


城に上がって疲れた。カフェでちょっと休憩。

おしゃれなカプチーノ。
01-05-08_2143.jpg


ケルンに着いた。

ケルン大聖堂の地下の駐車場に車を止めて見学。

世界最大の大聖堂。

世界遺産。

02-05-08_0023.jpg


中はこんな感じ。
02-05-08_0033.jpg


夕方6時、デュッセルドルフに着いた。

宿泊先は日航にしようか迷ったが、日本式朝食のあるASAHI HOTEL。

4☆で2部屋。犬と駐車場込みで150ユーロ。

02-05-08_0532.jpg

02-05-08_0137.jpg


早速、デュッセルドルフ在住K氏と合流して観光。

日本人でいっぱいのインマーマン通り。

02-05-08_0155.jpg


とりあえず、噂の匠ラーメン。

20分並んだ。
02-05-08_0320.jpg


店内はこんな感じ。
02-05-08_0229.jpg


うまかった。

完食。

すまん。食べる前に写真とるの忘れたわ。
02-05-08_0258.jpg









2008⁄05⁄05(Mon) 22:33   ベネルクス3国+ドイツ横断旅行 | Comment(0) | | ↑Top
3泊4日ベネルクス3国+ドイツ横断4☆ホテルの旅


行って来た。

さっき帰ったところ。

3泊4日ベネルクス3国+ドイツ横断4☆ホテルの旅へ行った。

どうしてもこの時期にしか開園しないキューケンホーフのチューリップが見たかった。

これはオランダの適当な畑。綺麗。

02-05-08_2304.jpg


しかし、今回はハードだった。

日本のツアー並。

こんな感じ。

1日目:ミュンヘン→ハイデルベルク→ケルン→デュッセルドルフ(泊)

2日目:デュッセルドルフ→キューケンホーフ→アムステルダム→ロッテルダム(泊)

3日目:ロッテルダム→デルフト→キンデルダイク→アントワープ→ブラッセル(泊)

4日目:ブラッセル→ワーターロー→ルクセンブルク→ミュンヘン

当然、車。

走行距離2000キロ以上・・・。

新入りのフントも一緒。







2008⁄05⁄04(Sun) 23:51   ベネルクス3国+ドイツ横断旅行 | Comment(1) | | ↑Top
チェックポイントチャーリー


東西分裂時代の唯一のゲート。
27-03-08_0826.jpg


片面はロシア兵
27-03-08_0827.jpg


片面はアメリカ兵。
27-03-08_0825.jpg


地面には塀のあとがくっきり。
27-03-08_0829.jpg






2008⁄05⁄02(Fri) 22:48   ドイツ | Comment(0) | | ↑Top

| HOME |

プロフィール

Bär

Author:Bär
Grüss Gott!
Bär heiße ich.
Tschüss!

ミュンヘンの時間

今日の格言

ミュンヘンの天気

ミュンヘン好き

ドイツ国歌

バイエルン州歌

ブログで世界旅行 (ヨーロッパ編)


presented by ネット旅行.com

↑Top



Copyright © 2008 ミュンヘンどっとコム. All Rights Reserved.

 Template by nekonomimige Photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。