クマさんファミリーのドキュメンタリー
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄--(--) --:--   スポンサー広告 | | | ↑Top
4日目:コモ湖


4日目、ミラノを出発してミュンヘンに向かう。


ちなみにキンダー2号は夜8時にミュンヘン空港に着く。


急がなければ・・・・。


1時間後、コモ湖に到着。


16-08-08_1827.jpg


ここはイタリアとスイスの国境だけあって、避暑地として有名。



湖のクルーザーとかで遊ぶ金持ちや観光客でいっぱい。
16-08-08_2021.jpg


とりあえず、登山鉄道でも乗って、コモ湖の全体を見よう。


16-08-08_2012.jpg



登山鉄道ってフニクラーレっていう。


♪フニクリ フニクラ♪ って曲があるけど、登山鉄道で山に上がる時の曲。



おお、こんなのに乗るのか・・・・。
16-08-08_1913.jpg


頂上からモンテローザが見える。


綺麗だ。
16-08-08_1933.jpg


ようし、帰ろうか。


北上してアルプス越え。


後ろを見るとこんな感じ。
16-08-08_2149.jpg


途中、アルプスがとても綺麗。
16-08-08_2203.jpg


往路とまったく同じ道を進み、夕方、ミュンヘンに到着。


そのまま、空港へキンダー2号を迎えに行く。


これにて夏休み旅行すべて終了。



スポンサーサイト



2008⁄08⁄26(Tue) 19:13   ジェノヴァ旅行 | Comment(2) | | ↑Top
3日目:ミラノ


3日目午前中、ジェノヴァ市内観光を終了し、学校へ。


マリア昇天祭のため、金曜日のイタリアは祝日。


学校の近くに、祝日でもやっている食堂を見つける。


不幸中の幸いだけど、メニューは有り合わせしかないとのこと。


とりあえず、なんでもいいからと、パスタを注文。


これが結構うまい。


15-08-08_2023.jpg





その後は、学校でキンダー2号を激励。


とりあえず、12歳のジョルダーナに追いつけるようにがんばりや。


足の甲を出す機械もあるしな。

15-08-08_2316.jpg





夕刻、ジェノヴァから北へ1時間、ミラノへ移動。


冷静と情熱のあいだの舞台のひとつにもなった町



郊外のホテルにチェックイン後、地下鉄で市内中心部へ。


まずは、ドゥオーモ。

16-08-08_0230.jpg


近くにあるガレッリア


16-08-08_0249.jpg


さらにダ ビンチの像


16-08-08_0241.jpg



さらにサンタマリアデッレグラツィエ教会。


最後の晩餐が展示してある。


ここには数ヶ月前にHPか電話で予約しないと入れない。


もちろん、予約がないので、外で眺めるだけ。

16-08-08_1703.jpg


イタリア料理もそろそろ飽きてきたので、Mcで夕食を済まし、ホテルに戻る。






2008⁄08⁄22(Fri) 05:56   ジェノヴァ旅行 | Comment(3) | | ↑Top
3日目:ジェノヴァ観光


僕はマルコロッシ。マルコと呼んで。

こいつはサルのアメデオ。

僕たちのこと、分からなければ ここ


クマさんは、昨日、白ワイン飲みすぎたから今日は僕らがジェノヴァを案内するよ。

でもさ、僕は、しばらく母さんを捜してブエノスアイレスへ行っていたからアメデオの方が詳しいと思う。

アメデオ頼むよ。

ア:いいよ。

  えっへん。

  え~ジェノヴァは2006年に世界遺産に登録された街。

  まずはここ。

  左手にあるのが白い宮殿。


  右手にあるのが赤い宮殿。

15-08-08_1726.jpg

マ:これってなに?

ア:宮殿だよ。赤か白の違いだよ。

15-08-08_1728.jpg
15-08-08_1730.jpg

マ:これはなに?
15-08-08_1802.jpg



ア:コロンブスの生家だよ。


マ:コロンブスってアメリカを発見した人でしょ?


ア:そうだよ。彼の友達が「アメリゴベスプッチ」っていう名前だったんだけど、そこからアメリカになったんだよ。


マ:そうなんだ。

ア:次に欧州最大の水族館、ジェノヴァ水族館。

15-08-08_1841.jpg


マ:なんか周りがおしゃれ。ディズニーシーに似てる。

15-08-08_1845.jpg
15-08-08_1851.jpg

ア:でもね、結構治安はよくないんだ。観光客相手に露天が偽ブランド売ってるからね。ほら、警察が取り締まりにきたよ。

15-08-08_1840.jpg

マ:露天の人たちダッシュで逃げたよ。
15-08-08_1835.jpg


ア:でも捕まっている人もいる。

15-08-08_1838.jpg
マ:あの人どうなるの?

ア:まあ、偽ブランドは押収されて、今から取り調べ室でこってり絞られるな。

マ:じゃあ、カツ丼とか食べさせてもらえるの?

ア:テレビドラマじゃないんだから、そんなことはないと思う。

マ:じゃあ、パスタ?

ア:・・・・






2008⁄08⁄20(Wed) 00:53   ジェノヴァ旅行 | Comment(0) | | ↑Top
2日目:リヴィエラ海水浴


初日、学校を後にして、ジェノヴァ近郊のホテルへチェックイン。


クマさんファミリーは、イタリアでは絶対に4星ホテルにしか泊まらない。


今まで、3星ホテルでひどいめに遭っているから・・・。


今まで、何度、イタリアのホテルでドアにイスやソファーを積み重ねて恐々と寝たことか・・・。


イタリアの星だけはあてにならん。


ということで今回は、友達のM原君紹介のホテル。

14-08-08_1403.jpg

トリプルで99ユーロ。


駐車場、ペット追加代無料。朝食付き。ミニバー無料。


学校まで車で10分。


ジェノヴァ市内には遠いけど、学校に行くにはとても環境のいいホテル。


ジェノヴァって日本でいう神戸みたいなもんで、海があって、すぐそこまで山が迫っている街。


だから、中心部で駐車場つきホテルというと結構、高いかも・・・。


このホテルは近郊だけど、観光客で結構込んでいて、地元の人に聞くと人気ホテルのひとつらしい。


いいホテルでよかった。


ということで、2日目。


生徒たちと一緒にリヴィエラ海岸のプライベートビーチへ海水浴。


14-08-08_1753.jpg


14-08-08_2102.jpg


ここは別荘もあって、こんなのもある。


14-08-08_2132.jpg
いやーリゾート地っていいなあ。


あとは子供たちと海で遊んで、リクライングチェアでお昼寝。



お腹空いたなあ。



お昼はというとこれ。

ボンゴレ。

14-08-08_2018.jpg

他にもタコの入った地元料理も。

14-08-08_2014.jpg


いやあ、遊ぶと日没も早い。
15-08-08_0253.jpg

生徒たちを学校に送り届け、その後は、少し観光。


ジェノヴァ市内の港の見えるおしゃれなワインのお店へ。


僕は大好きなカラマーニ(イカ)とワイン1本。もちろんギンギンに冷えた白。
15-08-08_0308.jpg


ママりんはモッツアレラチーズのサラダ。


校長先生に聞くと、なんでもバッファローなんとかのチーズがうまいとのこと、


偶然、メニューで見つけて頼んだ。


15-08-08_0309.jpg

ママりん、口をつけて一言。



人生でこんなにおいしいチーズ食べたことないっ!


どれどれ、ちょっと、僕も味見するわ。


えっ?マジでうまい。


僕もこんなおいしいチーズ初めて。


バッファローなんとかというチーズ、要チェックや。








2008⁄08⁄18(Mon) 00:00   ジェノヴァ旅行 | Comment(2) | | ↑Top
1日目:ジェノヴァへ


朝6時半、ミュンヘンを出発。


一路、リンダウ方向へ。


ボーデン湖東側を南下し、オーストリーへ。


すぐにスイスへ入り、リヒテンシュタインを左手に見ながらさらに南下。


しばらくすると、ハイジの育ったマイエンフェルトを通過。


ちなみにハイジの本名は、アーデルハイト:Adelheid。ハイジは末尾のheid から。


アルプスの少女、ハイジはこっちでもアニメがあるけど、日本が作ったといっても誰も信じない。


なんでも当時、高畑勲、宮崎駿がかなりの現地調査をしたらしい。




さて、ここから先はアルプス越え。


4000メートル級の山の間の間を走るくねくね道を突破。


といっても、標高は1500メートルを越えている。


すこし息ぐるしい。


天気が悪いのか、霧がある。


いや、これは霧じゃない。雲だ。

13-08-08_1717.jpg

とりあえず、2時からのキンダー2号のバレエの稽古に間に合うように飛ばすしかない。


途中、コモ湖、ミラノにも目もくれず、ひたすら南下。



ということで午後2時。


ジェノヴァ郊外にあるバレエ学校に到着。

15-08-08_0130.jpg




ボンジョルノ。校長先生。


クマサンファミリーが見学に来ました。


ここの校長はボリショイバレエ出身。


したがって、指導者もボリショイから派遣されてきている。


正規の生徒もボリショイに行ったりきたり。




早速、キンダー2号のキャラクターダンスを見学。


よし、よし、まじめにやっとるなあ。


少し痩せたんじゃないか・・・。






校長先生、どうしました?


なに?せっかくだから、うちの正規の生徒のレベルを観て見るかって?


将来は、有名バレエ団のソリスト間違いなしの逸材だって?


OK! さあ、始めてくれ!




~5分経過~





うっうまい。


ところでキンダー2号、あと4年で追いつけるのか・・・。








2008⁄08⁄17(Sun) 11:07   ジェノヴァ旅行 | Comment(0) | | ↑Top
夏のリヴィエラ


夏休み旅行第3弾。



♪冬のリヴィエラ~男って奴は 港を出てゆく船のようだね~♪



ボンジョルノ。



別に森進一のファンじゃないけど、



そのリヴィエラ海岸に行ってきた。


IMG_2224_convert_20080817175103.jpg





ここは、夏のリゾート地。




ジェノヴァを中心に東西250キロの海岸が続く。




幼いころ、母をたずねて3000里を見ていつかはジェノヴァに行ってみたいと思っていた。




今回の旅は名づけて




夏のリヴィエラの旅




というのは建前で、本当は



学校に入っているキンダー2号がまじめにやっているか見に行っただけ。





とりあえず、ミュンヘンから600キロ、車で7時間の旅は結構疲れた。



ミュンヘン→ボーデン湖畔のリンダウ→オーストリー→スイス→ハイジランド→イタリア→コモ湖→ミラノ→ジェノヴァ



というルート。



4日中、学校ですごしたのが2日。




だから観光はほとんどなし。






2008⁄08⁄16(Sat) 23:01   ジェノヴァ旅行 | Comment(0) | | ↑Top
ザルツカンマーグート


チェコから下道を通り、オーストリーへ。

とりあえず目指すはリンツ。


でも、リンツ寄りたいけど、すでに時刻は午後4時。



ザルツカンマーグートにつくころにはきっと午後6時ころ。



おいおい、そんな時間について何観光すんねん?



ママりん運転頑張って午後5時半にグムンデンに到着。



ここはグムンデン焼きが有名。



工場には直営店がある。
29-07-08_0059.jpg



マイセンもいいけど、普段用にはここのがいい。



さて、次はどこいく?



とりあえず、湖行こう!




トラウト湖到着。


すばらしい景色だなあ。
29-07-08_0119.jpg



近くに観光スポットはないのか。



ということでオルト城。
29-07-08_0118.jpg



湖の中にあるお城でこんなの。
29-07-08_0120.jpg



へえ、中はどうなんだ?
29-07-08_0122.jpg



普通の中庭なんだ。



なになに、水没した記録があるのか・・・。





次は湖に沿って車で走ろうか。

いや~、綺麗だなあ。この景色。

サウンドオブミュージックの世界だなあ。
29-07-08_0157.jpg



なに?せっかくだから泳ぐって?


29-07-08_0201.jpg



さあて、次どこいく?




このまま行くとバードイシュルがあるって?

ママりん、よく知ってるなあ。

なんでもここはフランツヨーゼフ皇帝御用達の温泉街。

カイザーテルメとカフェツァウナーが有名とのこと。

今日は時間がないので後者に決定。

29-07-08_0250.jpg



さあて、お土産のケーキも買ったし、次はどこ?




とうことでヴォルフガング湖の見えるザンクトギンゲンに到着。
29-07-08_0325.jpg



ここはモーツアルトの母の生家がある町。
29-07-08_0331.jpg



とてもこぢんまりした町でクマさんファミリーはお気に入り。



今度、ゆっくり泊まりにくるわ。




ということで日没。



西に向かって出発進行!



2時間かけてミュンヘン帰るわ。



夕日がまぶしいぜ!
29-07-08_0409.jpg
















2008⁄08⁄08(Fri) 00:08   ボヘミア地方とザルツカンマーグート旅行 | Comment(0) | | ↑Top
ボヘミア地方その2


2日目午前、クルムロフの街を散策。

この街は川に囲まれた街。

川ではカヌー、ボートで楽しめる。
28-07-08_1715.jpg

それじゃあ、乗ってみるか?

ということで貸しボート屋さんへ。

しかし、子供向けの距離の短いコースはこの時期はないとのこと。

5キロ上流まで車で行って、そこからカヌーで下り、今度は自転車で5キロ戻るっていうのならあるとのこと。

日程的に無理。

諦めて、人が楽しむのを見学。

おおっ、カヌーがやってきた。
28-07-08_1758.jpg


あはは、おっと、いきなり転倒かよ。

乗らなくてよかったかも・・・。
28-07-08_1759.jpg


続いて、お城の庭園を見学。

綺麗に剪定してあった。
28-07-08_1907.jpg

クルムロフから北へ移動。

世界遺産のホラショヴィツェ。
28-07-08_1956.jpg

南ボヘミア風バロック様式の建物が残っている村。

思わず、通り過ぎるくらいの小さな街、5分で観光終了。

東へ15キロ移動。

チェスケー・ブディェヨヴィッツへ。

まずは、ブジェミスル・オタカル2世広場。
28-07-08_2047.jpg

近くの聖ミクラーシュ教会
28-07-08_2053.jpg

その黒塔
28-07-08_2050.jpg

ここはバドワイザーの醸造所のある町。

ランチには当然、ビール。
28-07-08_2109.jpg

プハー、やっぱり、お昼に飲むビールはうまい!

ママりん、そろそろ、帰りの運転頼むよ。ってことで。

オーストリーとの国境がこれ。

昨年末にチェコはシェンゲンに加入したので、今はコントロールなし。
28-07-08_2253.jpg






2008⁄08⁄07(Thu) 00:14   ボヘミア地方とザルツカンマーグート旅行 | Comment(2) | | ↑Top
ボヘミア地方その1


夏休み旅行第2弾。

初日、ミュンヘンからパッサウを経由してチェコに入る。

下道を進み、やっと到着。

世界遺産の街クルムロフ。

丘から見たクルムロフ城。
28-07-08_1654.jpg

もっと近くから見てみよう。
28-07-08_0027.jpg

いろいろと増築したお城だって。
28-07-08_1754.jpg

城から見た町並みも綺麗。
28-07-08_0040.jpg





街の中には教会がある。
28-07-08_0143.jpg

教会にはそんな格好では入れません。
28-07-08_0144.jpg




街はこんな感じ。
28-07-08_0145.jpg

街には日本風のティーテラスが・・・。
28-07-08_0323.jpg

しかし、この人、かんざしが頭蓋骨を貫通しとるわ。





そんなことはええが、街中世界遺産だけあって、中世そのまま。

ATMもこんな感じ。
28-07-08_1710.jpg

お城のアングルもいいねえ。

28-07-08_1651_20080803221616.jpg

とりあえず、ペンションに到着。
28-07-08_1501.jpg

地ビールレストランで乾杯!
28-07-08_0316.jpg








2008⁄08⁄06(Wed) 00:56   ボヘミア地方とザルツカンマーグート旅行 | Comment(0) | | ↑Top
4日目:スイスその2


4日目、スイスベルンを出発して、一路、ドイツ方向へ。

目指すはドイツとスイス国境付近にあるラインの滝。

デーモン君に一見の価値があると聞き、走ること1時間半。

到着。

25-07-08_2147.jpg

おおっ、すごい迫力だ。

なになに?ボートで近くまでいけるのか・・・。

ようし行ってみるか。

25-07-08_2154.jpg

ボートの中はこんな感じ。
25-07-08_2201.jpg

かわい子ちゃんも緊張気味。
25-07-08_2209.jpg

さあて、出発!



おいおい、そんなに近づくと沈没するぞ。
25-07-08_2212.jpg

おっと、ボートは滝の真ん中にある岩場に到着。

なに?この岩場の頂上まで徒歩で行けるのか?
25-07-08_2214.jpg

頂上に到着。

スイスの国旗が翻る。
25-07-08_2218.jpg

しかし、足元を見ると・・・。

おおっ、こんなに間近で滝が見れるとは・・・。

25-07-08_2219.jpg

一度、ボートで対岸に戻り、今度は、滝の脇にある展望台へのボートに乗り換え。

おおっ、ここもすごい滝だ。

この展望台、よく流されずにもってるなあ。
25-07-08_2242.jpg

いやあ、すごい迫力だった。

なに?ママりん?ナイアガラの滝に比べると3分の1くらいだって?

そうか・・・。でも、欧州ではすごいんじゃない?この滝!

一見の価値があると思うよ。

さあて、そろそろミュンヘンに帰るか。

夏休み第一弾はこれにて終了。









2008⁄08⁄05(Tue) 00:47   フランス、南西ドイツ、スイス旅行 | Comment(0) | | ↑Top
4日目:スイスその1


4日目朝、今日もいい天気。

午前中かけてベルン市内観光。

まずは徒歩で熊公園へ。

25-07-08_1917.jpg

続いて大聖堂へ
25-07-08_1657.jpg

階段254段を上ると

おお、素晴らしい。
25-07-08_1712.jpg

こっちも素晴らしい。さすが、町全体が世界遺産。

25-07-08_1716.jpg

大聖堂正面の装飾も素晴らしい。

25-07-08_1724.jpg

しばらく街を散策。

ベルンのシンボルはやっぱりクマ。

25-07-08_1416.jpg

時計塔

25-07-08_1415.jpg


国会議事堂。

25-07-08_1740.jpg

街中、噴水がある。

人食いの噴水とかいろいろあって楽しめる。
25-07-08_1621.jpg

最後にバラ公園で町全体を見渡す。
25-07-08_1856.jpg

とても小さな街で歩けば2時間もあれば全部見れてしまう。

しかし、ゲーテに世界で一番綺麗な街と言わしめた街。

中世の街並みがそのまま残っていてとてもいい感じ。

 





2008⁄08⁄04(Mon) 20:03   フランス、南西ドイツ、スイス旅行 | Comment(0) | | ↑Top
3日目:スイス


朝起きて、プールを楽しんだら、午前11時スイスへ出発。

スイスへはフィグネッテが必要。

こんなの。
25-07-08_1907.jpg

フライブルクからあっという間にスイスへ。

ここはシェンゲンではないのでパスコントロールがある。

ハイウエイを飛ばすこと2時間半。

グリンデルヴァルトに到着。

24-07-08_2026.jpg

ここはアインガーが間近に見えるところで有名。
24-07-08_2122.jpg

日本語観光案内所もあって日本人の観光客も多い。

クマさんファミリーは、とりあえず、近くの観光名所、グレッシャーシュルフトへ。
24-07-08_2220.jpg

ここはアルプスの氷河が溶けて川になるところ。

こんな道を進む。
24-07-08_2217.jpg

こんな道も。
24-07-08_2157.jpg

山の間を氷河の溶けた水が洪水のようにやってくる。
24-07-08_2153.jpg

上から見るとこんな感じ。
24-07-08_2158.jpg

自然の驚異に驚き、ベルンへ移動。

途中のインターラーケン。
24-07-08_2323.jpg

ベルン到着。

クマさんファミリーにとっては故郷みたいなもの。

なんでも、この街を支配していた諸侯が昔、街の名前をつけるのに、

最初にしとめた動物の名前をつけるということで、仕留めたのがなんと、

熊。

ドイツ語でBearen。

それがなまってベルン。

そんなベルンだけど、スイスの首都なのに意外と小さな街。

ホテルは市内のど真ん中のスイスホテル。

夜はお友達の家でBBQして、夜の散歩に出発。
25-07-08_0418.jpg















2008⁄08⁄02(Sat) 19:15   フランス、南西ドイツ、スイス旅行 | Comment(0) | | ↑Top
2日目:フライブルクその2


プール遊びが終わって、少し、日差しが弱くなってきた。

夕方からは地元のデーモン君の案内で、ワイン農家の見学。

C,Langのブランドで手作りワインを作る農家へ到着。



なんでも、以前は近所のワイン農家で、その年にできたワインを持ち寄り、

一緒にしてワインを売り出していたらしい。

そうした方が農家にとってはリスクが少ないから。

このお宅は、今は脱退し、個人経営でワインを作り、

他の農家とは一切混ざらないものを作っているとのこと。

当たり年と外れ年があるのでリスクはあるけど、

自分好みのいいものを作る喜びがあるんだって。

ところで、

樽で作るのは赤。
24-07-08_0019.jpg

白はこれで作る。
24-07-08_0023.jpg

ここで彼女に質問。

率直に赤と白どっちが好き?

「赤のほうが作る楽しみがあるわ。

白は金属だから、どれも均一な味。

でも赤は樽の味がしみこむから個性がでるのよ。」

だって。

もうひとつ質問。

コルクとスクリューどう違うの?

「白は基本的にスクリューよ。

コルクの方がいいという人もいるけど、

白は赤と違い、寝かす必要がないからスクリューでいいのよ。

コストも安くつくし、いいものを安く提供できるわ。」

だって。

なるほど、なるほど。


ところでこの機械、何?

へえ、こんな機械でコルクするんだ。
24-07-08_0034.jpg

それで出来上がったのがこれ。
24-07-08_0028.jpg

早速、試飲しましょう!

と言われ、6種類ほどテイスト。
24-07-08_0007.jpg

うっうまい。

全種類買うわ。

しかし・・・

ちょっと酔ったわ。

えっ何?

今からブドウ畑に見学だって?

ママりん、運転タッチ!

今度はおじさんと一緒に移動開始。

フライブルクの町が見える丘だ。
24-07-08_0056.jpg

ぶどうの木が整然と育ってる。
24-07-08_0106.jpg

おお、ブドウだ、ブドウ。
24-07-08_0118.jpg


あっおじさんどうするの?

何?

葉っぱを取るって?

24-07-08_0108.jpg
葉っぱが多すぎると太陽が当たらないからって。
なるほど。

だけど、おじさん、こんどは実もとってるよ。

えっ捨てるの?

どうして?

実がたくさんつくと味が落ちるって・・・。

なるほどね。

ワイン作りって結構手間ひまかかるんだなあ。


おじさん、ありがとう。

今度は収穫時期に来るわ。

ということで、クマさんファミリーは疲れを癒すため、

近くのクワハウス(温泉)へ・・・。

ここの温泉は水着着用。

サウナとかは全裸だけど・・・。
24-07-08_0308.jpg

やっと日が暮れた。9時過ぎ。

フライブルクの思い出に最後はデーモン君の案内で

ワイン農家の自家製ディナーへ。

24-07-08_0531.jpg

何でも、農家が

自分のところでつくるものだけを出すというコンセプトらしい。

結構、流行っていて、値段も安い。

ファミリーで20ユーロ。

さあて、明日はスイス。

お腹いっぱいになったし、帰ろうか。

フライブルク、気に入った。

 










2008⁄08⁄01(Fri) 18:09   フランス、南西ドイツ、スイス旅行 | Comment(2) | | ↑Top

| HOME |

プロフィール

Bär

Author:Bär
Grüss Gott!
Bär heiße ich.
Tschüss!

ミュンヘンの時間

今日の格言

ミュンヘンの天気

ミュンヘン好き

ドイツ国歌

バイエルン州歌

ブログで世界旅行 (ヨーロッパ編)


presented by ネット旅行.com

↑Top



Copyright © 2008 ミュンヘンどっとコム. All Rights Reserved.

 Template by nekonomimige Photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。