クマさんファミリーのドキュメンタリー
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄--(--) --:--   スポンサー広告 | | | ↑Top
スケート


去年の今頃、近所のニュンフェンブルクの運河が天然スケート場となった。

だけど、今年はこんな状態。


IMG_2886_convert_20081230211741.jpg


仕方ないのでカールスプラッツの特設リンクへ。


IMG_2896_convert_20081230212153.jpg


ここには白クマがいる。


IMG_2905_convert_20081230212515.jpg


これを使って滑ると白クマとダンスしているように見える。


IMG_2907_convert_20081230213514.jpg





スポンサーサイト



2008⁄12⁄30(Tue) 13:27   ミュンヘン | Comment(0) | | ↑Top
スペイン旅行その6


ある晩のことだ。


限界だ。


今までのんびりしてきたけど、のんびりにも限界がある。


おいらは日本人だ~ドイツ人にはなれねえ。


ということで突如、受付嬢のカルメンのところへ行った。




暇だ~暇なんだ~。どこか観光に行きたい。なんとかしてくれ~。


そうですか。それでしたら、ここから1時間ほど高速道路を飛ばして北に行くと、グラナダがありますよ。そこには世界遺産のアルハンブラ宮殿がありますから、ぜひお勧めです。でも、あそこは一日6000人くらいと入場制限していますから予約していった方がいいですよ。


OK!予約する、する。


もう、この時間ですから正規ルートはつながりませんが、別のルートにかけてあげますね。




おお、なんてやさしいカルメンちゃん。


別ルートでクマさん、予約して、翌日の4時からの見学となった。



翌日、クマさん、グラナダに向かう。


車中でママりんが予習。


BGMはもちろんマッチのアンダルシアに憧れて


マッチの復帰第一弾の曲だったよな。これ。



ところで、グラナダってこの曲の歌詞にもでてくるけど、ざくろっていう意味らしい。



1時間後、到着。


まずは、中心部にあるカテドラル。


PIC_0658_convert_20081227065705.jpg


正面では、なぜかフラメンコ。


PIC_0660_convert_20081227065925.jpg


南へ行くと、イスラム統治時代の絹織物の市場がある。


アルカイセイヤ。


PIC_0654_convert_20081227070119.jpg


ゴメルス坂を上り、アルハンブラ宮殿へ。


PIC_0763_convert_20081227070408.jpg


まずは王宮。


PIC_0700_convert_20081227070716.jpg


ここは透かし彫りが有名。


PIC_0708_convert_20081227070943.jpg


続いてカルロス5世宮殿。


PIC_0670_convert_20081227072727.jpg


アルカサバ。


PIC_0728_convert_20081227073541.jpg


ヘネラリフェ。


PIC_0758_convert_20081227072947.jpg


城からの町並み。


PIC_0724_convert_20081227071208.jpg


遠くには、雪の積もったシェラ・ネバダ山脈が見える。


PIC_0737_convert_20081227071729.jpg


こんなに暖かいのに、この山脈まで30分くらい行くとスキーができる。



そういえば、このお城、幽霊伝説がある。



昔、王さまの側近の権力闘争があり、ある一族36人が理由もなく王宮で斬首された。


体と頭は別々に埋葬したらしい。


生き返らせないためだ。


いまだに頭のない体が頭を求めて城をさまよってるらしい。


怖すぎる。





さあて、お土産はといえば・・・


お城の中にあるラグーナ。


アラブ伝統の寄木細工。


中で実際に作っている。


PIC_0740_convert_20081227071417.jpg


できあがりはこんな感じ。


PIC_0741_convert_20081227071549.jpg


久々に日本人っぽい観光したから疲れた。


ホテル帰るど~。


ホテル帰ると、バーでフラメンコショーだ。


フラメンコギターが渋い。









2008⁄12⁄29(Mon) 00:48   スペイン旅行 | Comment(0) | | ↑Top
スペイン旅行その5


今回は、のんびりしにきた。


絶対にのんびりしてやる。


という強い意志の下、ホテルでのんびり過ごす。


なぜか、地元テレビでドラえもんをやっている。


当然、スペイン語だけど、声だけ聞くと、のびたはやはりのびたっぽい声。


ジャイアンも同様。


そんなどうでもいいことまで気になるくらい暇をもてあます。


仕方ない、ここは昨日に引き続き近所を散歩だ。


ということでやってきたのは、ネルハ中心部にあるヨーロッパのバルコニー。


ホテルから3キロ。


PIC_0631_convert_20081227061522.jpg


ここから見る景色が最高らしい。


PIC_0625_convert_20081227180145.jpg


一方、クマさんはといえば、展望台の下の浜で漁師さんを見学。


漁村なんだよなあ。ここは。

PIC_0629_convert_20081227061658.jpg


ようし、決めた。今日はイベリコやめだ。


魚だ!魚!


早速、地元スーパーへ向かう。


PIC_0813_convert_20081227063056.jpg


名前はエロスキ。


意味は知らん。ネーミングがきになる。


日本でいうとジャスコみたいなショッピングセンター。


映画館もあるし、ブランドのショップもある。


クマさんたちはスーパーに入る。


そして見つけた。


魚くん。


PIC_0809_convert_20081227063247.jpg


えび君もいる。


PIC_0808_convert_20081227062101.jpg


ほかにもイカ君、たこ君もいる。


おいおい、日本よりいいぞ、ここの魚コーナー。


しかも、安い。


えびなんて1キロ800円くらい。


思わず、クマさん、えびとイカとたらを購入、〆て10ユーロ。


ホテルに帰り、オリーブとにんにくでいためておいしく食することにした。


のんびり作り、のんびり食べた。


うまい。


安いしうまいし、大好きな魚食べられるなんで幸せ。


明日から、ずっと魚だ~。


と息巻いていると、なぜか地元テレビで、着信ありをやっている。


昨日はこち亀にイベリコ豚だったんだけど・・・・。


おいおい、ここは日本か・・・













2008⁄12⁄28(Sun) 00:11   スペイン旅行 | Comment(0) | | ↑Top
スペイン旅行その4


いやあ、滞在型ホテルっていいなあ。


のんびりできて、ほら、今日も晴天。


プールでも泳いでる人がいる。


PIC_0803_convert_20081227053923.jpg


でも、クマさんもチャレンジしたけど、少し寒い。


泳いでる人に聞くと、やはり、ドイツからの人。


さすがドイツ人、こういうときにあえて泳ぐのはドイツ人しかいない。


さあ、今日もはりきってのんびりするど~。


と思ったけど、さすがにここは日本人。


そろそろのんびりにも飽きてきた。


さっそく、ガイドブックを出してみた。


すると、ホテルから5キロほどのところに白い村がある。


アンダルシア地方にはいくつかあるけど、ここはかつてスペインで一番美しい村に選ばれたことがあるらしい。


そんなことから、白い村、フリヒリアーナへ向かう。


PIC_0872_convert_20081227054157.jpg

青い空と白い壁がベストマッチ。


しかも観光客も少ない。


のんびりと村を歩く。


もともと、イスラム文化の人が隠れていた村らしい。


村の町並みがきれいなだけで他に見所はないけど、のんびりしていいところ。


ついでに地元の店で遅めの昼飯だ。


PIC_0880_convert_20081227054412.jpg


シーフードのフライ盛り合わせ。17ユーロ。


さて、お腹もいっぱいになったことだし、次は何するかなあ。


することないのもたいへんだなあ。


ということで、地元スーパーへ晩飯の食材を買いに行く。


イベリコ豚が安いから、ついつい、目がそっちへいってしまう。


そして、フィレ肉

PIC_0766_convert_20081227054658.jpg


カルビ

PIC_0767_convert_20081227054851.jpg

を購入し、夕食はイベリコ豚の焼肉にする。


合計10ユーロ。


地元のテレビでこち亀をやっているのを見つけ、スペイン語の両ちゃんを聞きながら、カルビをかじりかじりして、今日も夜がふけていく。







2008⁄12⁄27(Sat) 00:34   スペイン旅行 | Comment(2) | | ↑Top
スペイン旅行その3


一夜明けて。

IMG_2849_convert_20081226180245.jpg

おお、地中海だ。


この向かい側はアルジェリアだ。


なにせ、最短箇所は15キロだからなあ、アフリカ大陸まで。


とりあえず、泳ぐか。


と思ったけど、


冷たい。水が冷たい。


日差しはきついのに水は冷たい。


ということで日光浴に変更。


まわりを見ると、ドイツ人とイギリス人ばかり。


みんな日光浴している。


その気持ちわかるよ。


冬のドイツって寒いし、青い空なんて少ないもんなあ。


ところで日本人探したけど、いない。


ネルハはヨーロッパのバルコニーっていわれていて近くには白い村もあるし、田舎だけど風光明媚
なんだけどなあ。


といいながら、のんびりしてると、すっかり夕方。


晩飯どうしよう?


とりあえず近所のスーパーへ。


あの、ドングリしか食べさせないというイべリコ豚が安い。


シェリー酒も安い。


今日の献立は生ハムメロンとパスタに決定。


IMG_2872_convert_20081226184935.jpg

明日は何しよう?





2008⁄12⁄26(Fri) 10:24   スペイン旅行 | Comment(0) | | ↑Top
スペイン旅行その2


チケットをかろうじてゲットして一安心のクマさんファミリー。


今後も予期せぬ出来事があろうかと警戒、早めのチェックインを済まし、搭乗ゲートへ。


昼過ぎにミュンヘンからマヨルカへ。


そこで、別便に乗り換え。


といっても、同じ飛行機で便名が変わるだけ。


乗り継ぎで1時間過ごし、マラガへ夕刻、到着。


IMG_2873_convert_20081226181904.jpg


ミュンヘンと比べるとやっぱり暖かい。


20度ある。


さっそく、空港で事前に旅行会社を通じて予約していたレンタカー会社へ行く。



車、予約してたんですが・・・・。


はい、レオンを準備しています。


確か、1週間、150ユーロでオペルの4ドアのはずですが・・・


そうですけど、これしかないんです。


うちには少し狭いんですけど・・・・。


まけときますから。


はあ・・・・


ということで1週間、130ユーロでレオンをレンタル。


やはり、予想どおりトラブルがあるんだなあ。


まあ、安くなったからいいか。

IMG_2845_convert_20081226073947.jpg


ようし、とりあえず、日が沈むまでにホテルにいくど。


ということで、空港から東へ1時間走り、ネルハへ。


赤茶けた土地と白い建物を見ながら、スペインに来たことを実感。


それに夕陽が綺麗だぜ。

IMG_2844_convert_20081226075651.jpg


予定どおり、ホテルに到着。


実は、今回、安い商品だから、すごくホテルが心配だった。


でも、4星という期待どおりで安心。


ホテルも立派だし、受付の女性も親切。


おまけに受付の女性の名前は、カルメンだ。


そして、今回の部屋はアパートタイプで寝室とキッチン、リビングダイニング、ベランダ付き。


寝室にはダブルベッドがダブルである。


ベランダからは海が見える。


IMG_2848_convert_20081226075903.jpg

ロマンチックすぎないか・・・これ。





2008⁄12⁄25(Thu) 23:23   スペイン旅行 | Comment(0) | | ↑Top
スペイン旅行その1


今回、無謀にも旅行会社のドイツ語サイトから旅行を申し込んだ。


出発直前で安く売り出しているのを買うというせこい考えでだ。



ちょうど、1週間後の出発で・・・4星ホテルで・・・期間は1週間で・・・・と検索すると、あるある。


エジプト、トルコ、マルタ、カナリア諸島・・・・


結構あるじゃん。


しかし、あれだなあ。


ここにあるのって、ほとんど滞在型だから、観光がほとんどないよなあ。


こっちの人って滞在型好きだけど、クマさんファミリーって滞在と観光、半分づつがいいんだよなあ。


そんなことを思いながら、結局、スペインのアンダルシア地方に決定。


ここなら、太陽の光を浴びれるし、観光もできる。


さっそく、ネットで申し込み、メールでの回答を待つ。


しかし、ネットで、しかも出発直前の申し込みって大丈夫だろうか・・・・


不安の中、翌朝、クマさんに電話が・・・。


「クマさんですか?こちら旅行会社です。申し込みされた件ですけど、今、手配すると、ミュンヘンからの直行がないんですよ。マヨルカ経由でもいいですか?」


「は?ネットでは直行便で記載してましたけど」


「他に選択肢はないですけど・・・」


「仕方ないですね。お願いします。」


いきなり、路線変更かよ・・・・


安いから、何かあると思ったけど、やはり・・・


そして、すぐに旅行会社からメールが来た。


指定口座に代金を入金してくださいねってやつだ。


さっそく、ネットで入金した。


しかし、その後、何日も音沙汰がない。


そして出発前日、あまりに不安になったので旅行会社へ電話してみた。




あの・・・旅行のチケットとかどうなるんでしょう?PDFとかで来るんですか?


ああ、せっかちねえ。今から、ホテルのバウチャーをPDFで送るから大丈夫よ。


あと・・・飛行機のチケットはどうなります?


今から送っても間に合わないからチケットは空港のカウンターに預けておくから、少し早めに行ってそこで受け取ってね。




ということで、ぎりぎり、セーフ。


そして、出発当日、早めに出て空港の旅行会社カウンターへ。




クマさんですけど、チケット預かってもらってますよね?


いいえ。


えっ?


ここにはクマさんのチケットありません。


昨日、担当者の人がここへ預けておくって言ってました。


担当者へ確認しますね。


頼みますよ。ほんま。


担当者に確認とれました。


はい、それで?


チケットですけど、クマさんの自宅へ郵送したそうです。


はっ?


電話ではカウンターに置いておくといったのに・・・・。それに、今日出発するのを昨日わざわざ郵送した?アホちゃう?




さすがのクマさんも笑える心境ではない。


顔から血の気が引いた。


後ろを振り返ると、ファミリーの鋭い視線。


飛行機の出発は2時間後、郵送されたチケットをとりに帰る時間はない。っていうか、そもそも、まだ、チケット自体、自宅に着いてない。


さて、困った。


今後どうするか?


仕方ないからメールのプリントアウトしたものを手に眼前の担当者に経緯を説明した。


担当者、あまりの馬鹿らしさにすぐにチケット再度、だしてくれた。


あ~よかった。


無事、飛行機に乗り込み、出発!

IMG_2839_convert_20081223110703.jpg


しかし、これから何が待ち受けてるのやら・・・









2008⁄12⁄23(Tue) 03:10   スペイン旅行 | Comment(2) | | ↑Top
クリスマスマルクト・シュトゥットガルト編


世界最大のクリスマスマルクトといえば・・・。


シュトゥットガルト


他の町とは規模が違う。


他の町はたいてい広場に露店が軒を並べるのが通常だけど、ここは違う。


町の中心部の通りの両端に露店が出ている。


とてもじゃないが、通りを隈なく歩くなんてことはできない。


だから、必然的に規模も大きい。


そして、ここの特徴はこれ。

IMG_2803_convert_20081215084958.jpg

露店の屋根にいろいろな人形の飾りつけがある。





2008⁄12⁄18(Thu) 00:47   ドイツ | Comment(2) | | ↑Top
クリスマスマルクト・フライブルク編


フライブルクのクリスマスマルクト。


なんでもイギリスの雑誌でドイツで一番綺麗なマルクトと紹介されたからたまらない。


今年はホテルの値段が下がらず、観光客でいっぱいとのこと。


IMG_2793_convert_20081215083913.jpg


そういえば、クマさんは去年、蜂蜜入りのろうそくとかお土産に買ったよなあ。


と思いつつも、ついつい、一番おいしいといわれるグリューワインのお店へ足が向かう。


その店、今年も健在だった。


なにせ、そこにあるグリューワインは・・・・


一味違う。


IMG_2796_convert_20081215084151.jpg


白。







2008⁄12⁄17(Wed) 00:37   ドイツ | Comment(0) | | ↑Top
クリスマスマルクト・ニュルンベルク編


日曜日、朝寝坊した。


前日、ママリンのコーラスの打ち上げに付き合い、盛り上がったからだ。


簡単にお昼を済まし、さて何をしようっと家族会議。


会議の結果、お家でゆっくりしようっということになり、クマさんはおかんむり。


嫌がる家族と喜ぶフントを愛車に押し込み、ナビに入力するは、


ニュルンベルク、中央広場。


我が家から、


170キロ、約2時間


と表示された。


よし、よし、今午後1時だから、午後3時には着く。


日没が午後4時半くらいだから、イルミネーションも見れる。


そんな計算を基に我が家を出発。


ちょうど、午後3時に町の中心部に着き、ローレンツ教会近くの駐車場へ駐車。


IMG_2723_convert_20081202051547.jpg


そこからカイザーブルク方向へ行くと中央広場がある。


IMG_2734_convert_20081202051805.jpg


到着して、早速、キンダーたちは名物のニュルンベルガーソーセージとゼンメルを食べる。

IMG_2737_convert_20081202052112.jpg


IMG_2735_convert_20081202052330.jpg


一方、クマさんはといえば・・・

IMG_2738_convert_20081202052511.jpg


そう、グリューヴァイン。


赤ワインにいろいろ入れて温めたもの。


カップはデポジット料を払い、返すと戻ってくるけど、当然、クマさんは持ち帰り。


今年のカップのデザインはこれ。


ちなみにノンアルコールで子供用にキンダープッシュがある。


ファミリーみんな気持ちよくなったことで、マルクトを見学。


と思ったけど、日本でいうと初詣のような人出。


マルクト内を回るには少しつらいと躊躇していると変なもの発見。


あれ?何だこれ?


クルミとプラムで作った人形だ・・・。

IMG_2744_convert_20081202052735.jpg


きっと他にも変なものあるぞっと思ったけど、人ごみには勝てず、観光に変更。


広場にあった美しの泉。


IMG_2747_convert_20081202053349.jpg


ここの金輪を3回、回しながら願い事を祈ると叶うということで行列が・・・。


クマさんも並んで、挑戦。


願い事はもちろん、家族の健康。


っというか、一番、危ないのはクマさん本人だけど・・・。


続いてカイザーブルク。

IMG_2751_convert_20081202062514.jpg


ブルクから見たニュルンベルクの街並み。


中世の雰囲気ばっちり。

IMG_2756_convert_20081202062758.jpg


さあ、陽も落ちたことだし、早速、マルクトへ。


おう、イルミネーションが綺麗。

IMG_2766_convert_20081202062953.jpg


やっぱり、クリスマスマルクトだからイルミネーションだわなあ。


と思っていると、来たときより人出が増し、広場は身動きできない状態。


ということで午後5時、ミュンヘンへ向けて出発。


もちろん、運転はママリン。


クマさんは2時間ほど熟睡していたら午後7時には到着。


結局、日曜日の夕食をゆっくり自宅で摂るクマさんファミリーだった。





2008⁄12⁄01(Mon) 22:33   バイエルン州 | Comment(2) | | ↑Top

| HOME |

プロフィール

Bär

Author:Bär
Grüss Gott!
Bär heiße ich.
Tschüss!

ミュンヘンの時間

今日の格言

ミュンヘンの天気

ミュンヘン好き

ドイツ国歌

バイエルン州歌

ブログで世界旅行 (ヨーロッパ編)


presented by ネット旅行.com

↑Top



Copyright © 2008 ミュンヘンどっとコム. All Rights Reserved.

 Template by nekonomimige Photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。