クマさんファミリーのドキュメンタリー
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄--(--) --:--   スポンサー広告 | | | ↑Top
雪のパリ3


雪で予定変更。


ミュージアムパスを購入し美術館めぐりへ。


モネの蓮の絵で有名なオランジェリー美術館。

IMG_0096_convert_20100101191355.jpg

ルーブル美術館。


IMG_0119_convert_20100101191537.jpg

オルセー美術館。

IMG_0161_convert_20100101191718.jpg


夕食はパッシーの友人宅でディナー。


ベランダからエッフェル塔が見える。


IMG_0201_convert_20100101190302_20100101192137.jpg


雪も落ち着いたので少し観光。

モンマルトルの丘。


IMG_0263_convert_20100101190550.jpg


三位一体教会


IMG_0153_convert_20100101190017.jpg


すっかり雪も落ち着いたみたい。


安心してシャルルドゴール空港へ。


しかし、キャンセル便が続出。


クマさんの便は運良く、運行。2時間遅れで離陸。


 





スポンサーサイト



2009⁄12⁄31(Thu) 13:02   パリ4泊5日の旅 | Comment(0) | | ↑Top
雪のパリ2


雪で混乱したパリ。


行き先々で雪の影響が。



とりあえず、エッフェル塔。


IMG_0056_convert_20100101185703.jpg


雪のため、上には上がれません。


次にノートルダム寺院。


IMG_0066_convert_20100101185826.jpg


ここも雪のため、上にはあがれません。


凱旋門も然り。


ということで、予定変更。


ママりんはラファイエへ


残りはディズニーへ。


IMG_0211_convert_20100101190406.jpg


しかし、ここも雪のため、ビッグサンダーマウンテンなどなど、外で乗る乗り物は運行中止。


残念。


それでも、主要な乗り物は制覇。











2009⁄12⁄30(Wed) 12:52   パリ4泊5日の旅 | Comment(0) | | ↑Top
雪のパリ。


冬休み。


日本で正月を迎えるのもいいけれど、家族4人じゃ予算オーバー。


ということで飛行機で1時間半のパリへ。


ホテルに2時にチェックインすればいいから、オペラ座からホテルまで20分、空港からオペラ座までのロワシーバスが40分、バッゲージとるのに20分、飛行機が1時間30分といった具合に逆算して、午前11時あたりの便を探す。


午前10時45分発。


これはちょうどいい。


ということで予約。


そういえば、去年の今頃、スペイン旅行に行くとき、「カウンターでチケット預かっているから大丈夫よ~」と旅行会社に言われ安心しきっていたものの、いざ、行ってみると、誰も預かってもらってなくて、すったもんだの挙句、再発行してもらったっけ。しかも、飛行機が直行便からマヨルカ経由便に変更されていて、結局、初日と最終日は移動で終わった悲しい思い出がある。


今回はそんなトラブルに巻き込まれないだろうっと思いながらも、一応、少し早めにチェックイン。



当日、Sバーンで空港へ向かう。外気はマイナス15度、雪が降っているけど、まあ、大丈夫だろう。


午前8時15分 空港到着。


あと2時間半もある。少し早いが早めに荷物預けて搭乗口付近で朝食でもとるか・・・



「ハロー、チェックインしたいんだけど」


「お客様、残念ながらお客様の便はキャンセルになりました。パリから機体が来ないんです」


「は~?」


「しかし、大丈夫です。飛行機を変更しておきました」


「あ~良かった。いつです?」


「えっと、午前8時30分の便です。今から15分後に飛び立ちます。」


「は~?」


「急いでください」



おいおい、普通、便を変更するっていっても、後の便にするだろう。前の便に変更なんてありえない。とはいえ、これを逃すとパリにいけないかもしれない。


文句を言いながらも素直にチェックインするクマさんファミリー。


結局、午前8時30分の便が2時間遅れで離陸、よかった。



予定より少し早くシャルルドゴール空港に到着。


早速、空港で5日間有効のパスを購入。


これがあると市内行き帰りのロワシーバスも含まれるほか、ディズニー、ベルサイユまで行けるのでかなりお得。


移動してると結構渋滞。


パリも大雪で交通マヒしているみたい。


ホテルチェックイン後、とりあえず、雪のパリを観光。


凱旋門


IMG_0027_convert_20100101185516.jpg


シャンゼリーゼ通り


IMG_0037_convert_20100101191237.jpg


コンコルド広場


IMG_0197_convert_20100101190136.jpg


ラファイエのイルミネーション


IMG_0247_convert_20100101190914.jpg


オペラ座


IMG_0251_convert_20100101190756.jpg


トラブルの一日、しかし、昼飯は国虎屋、夕食は善、おもいっきり日本食で大満足。





2009⁄12⁄29(Tue) 11:51   パリ4泊5日の旅 | Comment(0) | | ↑Top
ベルリン芸術の旅3


キンダーたちはホテルで連日友人家族とプール遊び。


その間、クマさんは市内観光。


クーダムのカイザー・ヴィルヘルム記念教会


IMG_0350_convert_20091230063933.jpg


ウエストサイドギャラリー


11月に新しくなり、落書きがなくなっている。


IMG_0357_convert_20091230063816.jpg


定番、ブランデンンブルク門


IMG_0391_convert_20091230063645.jpg


ドイツ連邦国会議事堂


見学待ちの列が100メートルを超えている。


IMG_0393_convert_20091230063533.jpg


このほか、世界時計、テレビ塔、チェックポイントチャーリーなどなど。


何度来てもベルリンは見ごたえがある。


ところで、ベルリンは広いなあと思い、ボーと観光していると、


「あっこんにちわ」


バスでキンダー1号の同じクラスのファミリーとばったり。


そのほか、地下鉄でも


「あっこんにちわ」


キンダー2号と同じクラスのファミリーとばったり。


今まで、キンデルダイクで「シャッター押してください」とお願いしたらキンダー2号と同じクラスのファミリーだったり、ベネチアでばったりキンダー1号と同じクラスのファミリーと出会ったり、逸話はいろいろあるけれど、今回みたいにベルリンのバスの中で会うとは・・・。


すごい確率。


偶然過ぎる。





2009⁄12⁄27(Sun) 22:43   ベルリン芸術の旅 | Comment(2) | | ↑Top
ベルリン芸術の旅2


バレエとオペラだけじゃ、時間を持て余してしまう。


ということで、博物館が集まる博物館島へ。


まずはベルリン大聖堂。


IMG_0319_convert_20091230060151.jpg



目的は、この冬、再開した新博物館。


エジプト政府が返せと言っている例の展示品を見たい。


しかし、長蛇の列。


じゃあ旧博物館へ。


IMG_0315_convert_20091230062106.jpg


なんか、気分が乗らず、近くのドイツ歴史博物館へ。


ここにはドイツの過去から現代の歴史的なものを展示。


ゲルマン民族から十字軍、騎士、フランスとの戦争などなど。


中でもNS(ナチス)時代のものを堂々と展示しているのは一見の価値あり。


う~ん、鍵十字が普通に展示してあってドイツでは法律違反だよなあ~と思いながら観ていると、ヒトラーの執務机を発見。


コースから少し離れたところに大きな机、どっかの大統領のより2倍以上あるぞ、これは・・・。


その横には「人間工場」というオブジェが・・・。


IMG_0322_convert_20091230055830.jpg


次にポツダム地区へ移動、絵画館へ。


樫本大進氏がコンマスを務めるベルリンフィル。


IMG_0325_convert_20091230060512.jpg


ここには行かず、この対面の絵画館へ。


ここでルーべンスを堪能。


ちなみにこの絵画館の西側の通りはシュタウフェンベルク通り。


そう、ワルキューレ作戦の彼の名前。


映画ではトムクルーズだったけど、この通りの近くで彼は亡くなった。


次にシャルロッテンブルク城へ。


IMG_0294_convert_20091230060035.jpg


いつも入り口だけだったから今回は新翼まで鑑賞。


豪華絢爛なお城。











2009⁄12⁄26(Sat) 21:55   ベルリン芸術の旅 | Comment(0) | | ↑Top
ベルリン芸術の旅1


クリスマス当日、クマさんファミリーはベルリンへ。


バレエつながりのドイツ人ファミリーと現地集合。


ベルリンといえば「中村祥子とマラコフ」


まずはドイチェオパーでくるみ割り人形。


この時期の定番。


IMG_0314_convert_20091230060250.jpg



クマさんとキンダー2号が大ファンの中村祥子、すばらしい。


IMG_0309_convert_20091230043356.jpg


翌日、国立劇場でカラパッジオ。


IMG_0323_convert_20091230060347.jpg



マラコフ大人気。


肉体美・・・奥様に人気かな・・・


IMG_0341_convert_20091230043512.jpg


おまけに翌日、国立劇場でオペラ、魔笛。


IMG_0380_convert_20091230043725.jpg


パパゲーニ、大活躍でキンダーたち大喜び。


バレエとオペラに大満足の芸術の旅、これだけでは終わらない。










2009⁄12⁄25(Fri) 20:48   ベルリン芸術の旅 | Comment(0) | | ↑Top
ダッハウ収容所


知人がミュンヘンに来たのでミュンヘン郊外を案内。


まずは、ニンフェンブルク城。


クマさんファミリーにとっては大事な場所。


というのも犬の散歩とジョギングと冬場は天然スケート場となるから。


改修工事が終わったものの、石像は冬場だから保護されており、観光的にはいまいち。


IMG_5584_convert_20091212180355.jpg


久々に中に入ると売店とか変わっててびっくり。


建物の中にはルードヴィッヒ1世の生活空間を展示してあり、美人画(愛人の肖像画)の部屋もある。


黒髪が好みみたい。


続いて、北進して15キロ、ダッハウ収容所。


ドイツ最初の収容所として有名。


IMG_5589_convert_20091212180523.jpg


収容所に必ずあるARBEIT MACHT FREI


現存するのは食堂とかシャワー室などのある管理棟と復元された収容棟2棟のみ。


管理棟は展示スペースとなっていて、当時の写真、遺品、連合軍が開放した時の映像を展示。


やはり、映像の力は大きい。


人間の命がこんなに粗末に扱われてもいいのだろうか・・・


ここは何度来てもショックが大きい。


展示はドイツ語と英語表記、入場無料。








2009⁄12⁄09(Wed) 23:59   ミュンヘン | Comment(1) | | ↑Top
Stuttgart クリスマスマルクト


世界最大といわれるStuttgartのクリスマスマルクト。



IMG_5566_convert_20091206100724.jpg



すっごい人出。



ここのマルクトにあるお店は屋根が特徴。


IMG_5562_convert_20091206100610.jpg


各店の屋根にはいろいろな人形がある。



9時には閉まるので注意。





2009⁄12⁄06(Sun) 02:11   ドイツ | Comment(0) | | ↑Top

| HOME |

プロフィール

Bär

Author:Bär
Grüss Gott!
Bär heiße ich.
Tschüss!

ミュンヘンの時間

今日の格言

ミュンヘンの天気

ミュンヘン好き

ドイツ国歌

バイエルン州歌

ブログで世界旅行 (ヨーロッパ編)


presented by ネット旅行.com

↑Top



Copyright © 2009 ミュンヘンどっとコム. All Rights Reserved.

 Template by nekonomimige Photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。